DIYネタを中心に超不定期更新
by mya-zc31s
カテゴリ
全体
SWIFT
DIY
etc
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
フォロー中のブログ
スイフト台湾風
Garage EMU
スイフトスポーツ 初心者の部屋
注意事項
本ブログで紹介したDIYや情報を元に作業する方は自己責任にて願い致します。
行った作業で被った損害、傷害等当方では責任を負えませんので・・・。

本ブログに掲載されている画像、ファイル等を転載される場合はコメント等で一報お願いいたします。

リンク
ちばらぎ&千葉スイ ダラベーBBS
MSK.45 type-S
Swift TypeS ~街乗りのセミレーシング~
サーキットぽえむ


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ドアトリムの似非リミテッド化?
前回に続き、リヤのドアトリムも実験で交換?してみました。
今回はフロントの時とは少し違う方法で生地を固定しています。
フロントの時には隙間に挟む部分が短くなってしまう為に接着剤を仕様しないとズレてきてしまう恐れがありましたが、今回は純正の生地と同じくらいの面積を挟み込む事でパッと見では交換してあるようには見えないようなできになりました。(メンドイけど・・・)




まず初めに内張りを引っぺがしますが、例のごとく写真忘れましたので(汗 今回はスキップします。

材料
ビニールレザー:リヤだけなら50cm×50cmで十分(しわになるので薄くて伸びる生地がオススメ)
ビス:リヤ両方で12本 4㎜×10㎜ 先の尖ったもの(分解したパーツの再固定に使用)

内張りの裏側を見るとこんな感じになっています。(左リヤ側)
e0102363_23442724.jpg

e0102363_2348942.jpg

〇の箇所を取り外してプラスティックと一体となっている赤い生地の部分を分解します。
黄〇の部分はビス止め、赤〇の部分は熱で溶かして固定してあります。
灰色の取っ手?部分は黄〇のビス2本を外し、上方向へ押し出せば簡単に外れます。
さて、問題なのは赤〇の部分でして、カッターを使って灰色の凸部分の回りを少し削り、さらにその周りに切り込みを入れてやっと取り外せるようになります。奥まっている下の2箇所はめんどくさかったです。
e0102363_23565149.jpg

最後はマイナスドライバーで割らないようにこじ開けて取り外し完了。
e0102363_23574974.jpg

用意していたビニールレザー(生地)を↑で外したパーツに沿わせて少し大きめになるよう長方形にカットします。(写真忘れorz
生地の余り部分が均等になるようにパーツにあてがったまま、もとあった位置へ押し込みます。
そのまま手で押さえたまま、ある程度生地のしわが無くなる用にはみ出ている生地を引っ張っていきます。しわが減ってきたら、写真の1と2の箇所を生地固定の為にビスで仮止めしておきます。(写真は完成したもの、取っ手は最後につけます)
e0102363_0531129.jpg

ここからは根気が必要です。仮止めした部分を中心にはみ出たきじをしわの出ないように引っ張って伸ばします。この際、仮止めの場所や数も変えながら自分が納得いくまで試行錯誤・・・
納得いく状態になってビスの本締めが終わったら、取っ手が入る部分の余分な生地を開口部の形に合わせ少し余分を作って切り抜きます。
後は取っ手をはめ込むだけですが、これが大変です。上乗せした生地の厚み分開口部が狭くなっているので、すんなり入ってくれません。ここは力ずくで行く事にしました。
e0102363_042538.jpg

結果、赤〇のところにキズが・・・orz
あとで右側のドアの時もうまくできないか試しては見ましたが、ダメでした。
大人しく、ガムテープ等でマスキングしておきましょうw
と、いうことで完成です。
e0102363_0452521.jpg


見た目は純正かと思うほどの(自画自賛)出来栄えになりました。
ただ、これをフロントにもやろうとすると面積が広い分かなり厄介だとおもいます。
いざやる時には覚悟を決めなくては・・・
[PR]
by mya-zc31s | 2006-12-26 00:57 | DIY
<< 明けましておめでとう御座います... 思いつきネタ >>